カニ 訳あり 5キロ

カニ鍋のおすすめレシピ

カニ鍋をつくるときの食材の選び方と作り方のポイントです。

 

まずはカニの選び方ですが、冷凍の場合はハサミが大きいものや脚が太いものを選ぶようにします。
冷凍のカニは、完全に解凍するのではなく、少し解けてきたらお鍋に入れるようにします。そうすると、カニの水分や旨みが鍋の中にしっかりとにじみ出てきます。

 

カニ鍋のおすすめレシピ

カニ鍋の作り方は、昆布に切り目を多く入れて、鍋に水を張り、しばらく置いておきます。火にかけたら、沸騰直前に昆布を取り出します。

 

基本は昆布がおすすめですが、濃い目の味がお好みなら、かつお節で出しをとっても美味しくできます。

 

出し汁が沸いたら、塩と酒を少々、だし醤油とみりんを大さじ1杯入れます。
カニの体やカニみそを最初に入れ、白菜、春菊、長ネギなどの野菜を入れます。水菜もおすすめです。
豆腐としらたきも入れ、カニのはさみや脚を入れますが、あまり火が入りすぎないくらいのジューシーな状態でいただきましょう。

 

つゆは、だし醤油と鍋のスープを少しずつ、それにすだちやカボスを入れましょう。
もみじおろしや小葱なども入れるとより美味しくなります。
すだちなどが手に入らないときは、レモンを少しかもしくはミカンを少し入れるだけでも美味しくなります。
絶対にかんきつ類を仕上げに入れましょう。

 

鍋の具材を食べ終わったら、お好みでおじやにし、卵でとじていただきましょう。