おいしいタラバガニを食べたかった

おいしいタラバガニを食べたかった

正月に帰省した際に弟家族3人と私の家族4人それに両親2人の9人でおいしいタラバガニを食べたかったのでカニの通販を利用しました。食べ方は解凍してそのまま食べる方法と焼きがに、なべに入れて食べるの3通りの食べ方でお腹一杯になるまで食べました。


カニの通販で利用したのは北海道釧路にあるカニのデパートかなはし水産です。インターネットで検索して見つけました。シーズンで取ったカニを冷凍保存しているので、年中カニを購入することができます。カニの種類はタラバガニ、毛ガニ、ズワイガニ、アブラガニが購入できます。


またカニだけでなく、うに、イクラ、ししゃも、かき、ほっけなどの海産物も購入することができるので、北海道のおいしいかにだけでなく、他の魚介類も同時購入することができるのが便利です。

 

おいしいタラバガニを食べたかった

購入したのはタラバガニの3キロクラスのボイル急速冷凍のものを1匹21420円で購入しました。ボイルしてあるので、自然解凍させてそのまま足を食べました。身がしっかり詰まっていて、プリプリしていて最高でした。次に爪の部分を炭火で焼いて焼きガニにしました。ジューシーなカニ汁があふれ出して、カニの爪を焼いた香ばしさと相まってものすごくおいしかったです。


胴体の部分はなべに投入して、カニなべにしました。これも出汁がたっぷり出て最高でした。イチオシとしてはズワイガニの炭火焼とボイル解凍してそのまま食べる方法をおすすめします。炭火焼はじっくりと焼けるので、身を焼きすぎてパサパサニならないように注意しながら焼く執拗があります。焼きあがったらポン酢を少しつけて、熱々のまま口に入れて食べるのがおいしい食べ方です。


ボイル解凍をそのまま食べるのは、もう一度ボイルしてしまうとあたたかくはなりますが、カニのうまみが抜けてしまうので、少し冷たくても、殻をむいてそのままポン酢につけて食べることをおすすめします。カニ汁が口の中に溢れてきて満足すること間違いないとおもいます。


 

 

おいしいタラバガニを食べたかった

冷凍物のボイルガニで身が詰まったものは、11月くらいから出てくるので、早めに購入して冷凍保存するのが安く買えるポイントだと思います。12月に入ると価格が2割異郷は値上がりしますので、安く手に入れようと思えば早く購入するしかありません。また冬のシーズンに入ると活きガニは手に入りにくくなるので、どうしても活きガニを手に入れたい肩は10月までに購入することをおすすめします。


また活きガニはボイルすると1割から2割は重量に目減りが発生するので、その辺を考慮して購入してください。ボイルガニは大量のカニを同時にボイルするのでおいしさは落ちません。